N log
長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集


Wat's your name?

【胸を焦がし、夢をみる、】

「…ご迷惑ですか?」
「いえ…」
「ならば、よろしいですね! 出発進行ーッ!」

 ……いや、それここで使うセリフじゃないと思います。

(ほんと、この人たちといると疲れるわ…)

 ノボリさんに聞こえないようにため息をつくと、さっさとお昼をすませてしまうことにする。

「ちょっと! どこ行くの! どうせここまできたんだから、ここで食べて行けばいいヨ!」
「…それは、あの…」
「なにか、問題でも?」
「…ない、ですけど…」

 いいかげん、私の精神が持ちません。

「…なんで、私がまんなかなんです?」
「両手に華ダヨ!」
「…クダリさん、楽しそうですね…」
「うん! ぼく、今すっごい楽しい!」

 いろいろとつっこみたいところはあるんだ。あるんだけれども、相手は上司。おちつけ、私。

「ねえねえ、言いたいことあったら、言っていいと思うなーぼくは」
「…はい? …いえ、お2人は上司ですし、そういうわけには…」
「でも、言いたいことはあるんだね! そこは否定しなかった!」
「…あ…」

 クダリさんのノリに、ついつられてしまった……。

「えーっと、いろいろとつっこみたいところはありますね…」
「うんうん、たとえば?」
「…言いません! 言いませんよ!? ノボリさんの笑顔がこわいとか、クダリさんと話してるとつかれるとか!」
「うわあ、はっきり言われたよ」
「…こわい、ですか…?」

 ……とうとう言ってしまったわ。

「あ、でも…私がお弁当を断らないと言ったときの笑顔は…こわくなかったです」
「それはそうだよ! だって、ノボリはきみがす…むがっ…!」

 また鼻と口をふさがれたクダリさんが、くるしそうにもがく。

「…ノボリさんノボリさん」
「はい、なんでごさいますか?」
「クダリさんが死にそう」
「おや。わたくしの弟でしたら、このていどでは死にませんよ。ね?」
「…いや、その笑顔、こわいです…」

 ぱっと手を放すと、くるしそうに息をするクダリさん。

「たいへんですね、いろんな意味で」
「…うん、だから、名前がなぐさめて!」

 ぎゅううっと抱きしめられ、おどろく。

「え、あの、えっと…」

 きっと人なつこいクダリさんのことだから、恋愛感情だとか、そういうのでしている行為じゃないんだろうけど。

「クダリ! いいかげんになさいまし! 名前さまがお困りではありませんか!」
「うわーお、ひっぺがされたー」

 ……ねえ、結局この人たちなんなのよ……。

「あの、お2人は…あれですか? 私で遊んでますか?」
「うん! ノボリは違う!」
「わ、わたくしはクダリとは違います!」
「でも私、昨日からお2人にかまわれる理由がわからず、非常に困っているんですけど…」

 とくになにかしたつもりもない。むしろ、今まで会ったこともない。

「ほら! ノボリがはっきりしないから!」
「なっ、そ、そのようなこと…言えるわけがございません!」
「へー、じゃ、ぼくが名前ちゃんもらっちゃおっと!」
「わっ!」
「おやめなさい、クダリっ! そのかたはわたくしがずっと想いを寄せていたかたにございます! …あ」

 ……今、ものすごく耳を疑いたくなるセリフが聞こえたような……。





- XRIE -