N log
長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集


Wat's your name?

【1歩だけでも近づけたなら】

「どうしてなのですかっ!」
「ノボリさん、おねがい落ち着いて…」

 クダリさんがひっついてきてることに怒っているのか、私がいまだにノボリさんを恋愛の対象として見ていないことに怒っているのか。わからないけれど、むしろ両方なのではないだろうかという気がしてならない。

名前さまは、わたくしをなんとも思っていないとでも…!」
「いえ、友達以上恋人未満くらいには、思ってますよ?」
「うわー、それなまごろしじゃん」
「ひどいでございましょう! わたくしは、わたしくは! こんなにもあなたさまを慕っておりますのに!」

 ……いっつも思うんだけど、ノボリさんって「大切」だとか「慕ってる」とは言ってくれるけど、「好きだ」とは言ってくれない。まあ、はずかしんだろうけど。

「ノボリさんは、私が好きじゃないんですね」
「そっ、そのようなことは…!」
「でも、"好きだ"という言葉は、1度も聞いたことがないです」
「うっわ、重症! 女の子はねー、ストレートな言葉のほうが安心するし、好きなんだよー。ノボリには無理だろうけどね!」

 ……クダリさん、お願いですから、これ以上ノボリさんを怒らせないでください。

「う…」
「…じゃあ、言いますけど! 私…は、ノボリさんのこと、好きですからね!」

 なにを言わせるんだこの男は! そっこうで逃げだしたけど、自分でもわかるくらいに、顔が熱い。

「あー、もう、やだ…」
「なんでー?」
「…クダリさん、そこでなにやってるんですか。今はノボリさんと同じ顔を見たい気分ではないので、お引き取りねがいたいのですが」
「ぼくに当たるなよ! んー、ノボリまっかになって固まっちゃって、おもしろいからきみにも見せたいなーと思って」
「いらないです。むしろよけいなおせわです。持ち場に戻ってください」

 ……というか、うせろ、白いの。

「あ、今ぜったいうせろって思った〜」
「まったくその通りですね」
「だから、ぼくに当たるな。…ノボリはさ、きみが初恋なんだと思うんだ。だから、どうしていいかわからないんだと思うよ」
「でも、自分の気持ちに素直になるくらい、恋愛経験がなくたってできるじゃないですか…」
「あ、わかっちゃった! きみ、そういうの頭のなかで思ってるだけでしょ! ノボリと一所! それ、ノボリに言ってあげれば解決すると、ぼくは思うんだけど」

 ……この人、やっぱ頭キレるな。さすが、ノボリさんの弟なだけはある。

「じゃ、ノボリのとこ、いこ!」
「え、あの、心の準備が…! いやあーーーーーーーっ!!!!」



「…名前さま…」
「あ、えと…その…」
「もう! 別に両想いなんだから、遠慮しないの!」
「…名前さま! わ、わわわ、わたくしと結婚してくださいまし!」
「はあ!? い、いきなり話飛んでますよ!」

 まさか、いきなりプロポーズされるとは、思ってもいなかった。

「ですが! わたくしのこの胸に宿る熱き想いを告げるのには、これが1番早いのでございます!」

 いや、そういうことじゃないだろ。





- XRIE -