N log
長期間ログインされておりません
[PR] 広告主様募集


Wat's your name?

【入れ替わった双子】

「それで結局、なんにもしないで帰ってきたの?」
「な、何もしないとはなんですか! だいたい、なにをしろとおっしゃるのですか!?」
「キスとか、それ以上とか? ノボリも名前ちゃんも子供じゃないんだから、それくらいあたりまえでしょ?」
「わっ、わたくしはあのかたの人間性にひかれたのでございます! クダリと一所にしないでくださいまし!」

 クダリがなにやらわたくしを変な目で見ておりますが、しかたがないのです。わたくしはあいにくとクダリのように、誰かとかんたんにせっすることができるような、柔軟な思考回路は持ちあわせておりませんゆえ……。

「じゃあさ、こうしようよ! 次のデートで、ぼくがお手本を見せてあげる!」
「…はい?」
「ぼくがノボリ、ノボリがクダリ! ね?」

 ね? ではございません! それはつまり、わたくしの代わりにクダリが名前さまにあんなことやそんなことを……!

「ぜったいにだめです!」
「そんなこと言ってたら、いつまでも結婚なんてできないよ?」
「そ、それは…」

 たしかにそれはゆゆしき事態でありますが、それとこれとは別問題にございます!

「じゃあ、ノボリは自分でなんとかできるの?」

 ……う、そ、それは……。

「じゃ、決まり〜。だいじょうぶだよ。せいぜいキスぐらいしかしないから」
「ぐらいとはなんです!?」
「…冗談だよ?」



 なんだろう、この違和感。前回とはうってかわって、すごくすんなりとデートのエスコートをしてくれるノボリさん。なんでも、クダリさんにいろいろ聞いたって話だけど……。

(なんっか、あやしいのよねー…)

 たとえクダリさんに教わったとしても、やはり人間はそうかんたんに実行ができるものでもない。ましてや、ノボリさんほど堅物ともいえる性格であれば、なおさらだ。

(逆にすんなりすぎる)

 もしかしたら、これはクダリさんなんじゃないだろうか。先ほどから、そんな疑問というかうたがいしかうかばない。

「クダリさん」
「…わたくしはノボリですが?」

 ……この手にはひっかからない、と。

「ノボリさん、はい、あーん!」

 おとなしくさしだされたものに口をつける。……まちがいない。

「やっぱりクダリさんじゃないですか!」
「…はい?」
「ノボリさんなら、ここでほおとか赤らめちゃって、"恥ずかしいからやめてくださいまし"って言いますよ!」
「…え、いつから気づいてたの?」
「最初からおかしいなーと思ったんですよ。みょうにすんなり、女の子が喜びそうなこととかしてくれちゃうから」

 それができないのがまた、ノボリさんのいいところでもあるわけで。

「だから、よけいな気を回さないでください、クダリさんも」
「えー、だってこのままじゃ、いつまでたっても進展ないままだよ〜?」
「…というか、なんでそんなにクダリさんが気にするんですか?」
「2人が好きだから。2人に、しあわせになってほしいだけ」

 クダリさんって、変なとこで気づかいさんだよね……。





- XRIE -